土地探しで大事な市街化区域と用途地域

2021年06月16日

土地探しで大事な市街化区域と用途地域

市街化区域とは?

すでに市街地を形成している区域及び概ね10年以内に優先的、計画的に市街化を図るべき区域。
そして市街化区域には必ず用途地域が定められる。

分かりやすくいうと、人が住みやすくインフラ整備がされていて、皆さんが住んでいる住宅街など住宅が立ち並んでいる場所は市街化区域です。

積極的に市街化にするエリアで用途地域が定められます
用途地域とは、全部で13種類あって市街化区域の秩序を守るため、建築物の用途を規制する都市計画の事で住居系・商業系・工業系の3つに大別されます。

ここで重要になるのが建築基準法です

例えば、家を建てようとなったときに、建ぺい率や容積率、日影規制等々の問題で思い描いていた間取り、3階建てが立たないなど、重要な問題が発生してしまいます。。。。

土地選びなどの時は、不動産屋さんに相談する、もしくはインターネットなどでも調べることが出来ます♪

例えばこんな感じで『都道府県名・市区町村名を入力し用途地域と調べる

用途地域によってさまざまな規制があり建ぺい率・容積率も変ってくるので賃貸の人や気になる人は一度自分が住んでる地域がどの用途地域なのかなど調べてみると面白いかもしれません(^^)

13種類の用途地域

☆☆宣伝☆☆

新築一戸建て仲介手数料無料のクラシエステートへ
購入時にかかる諸費用が大幅に削減されます♪
売却相談から買取まで^_^
八王子市を中心に多摩エリアに臨機応変に対応致します!
些細な事でもお構いなく、お気軽にお問い合わせくださいませm(_ _)m
LINE公式アカウント
ページの先頭へ