新築一戸建てと中古戸建てのメリット・デメリット

2021年05月19日

新築一戸建てと中古戸建てのメリット・デメリット

家を買う際に新築にするか中古にするか迷っている方も多いと思います。

新築一戸建てを購入するとなると、どうしても「高い」というイメージが先行してしまう方も少なくないでしょう。

確かに中古の方が築年数が古いことから、新築よりも安い価格で手に入れることができるかもしれません。

しかし、夢のマイホームで「中古」と言うとどうしても気分が上がらないといった方もいらっしゃるでしょう。

今回は新築戸建てと中古戸建て、それぞれのメリット、デメリットについてご紹介していきます。

 

新築戸建てのメリットとデメリット

新築戸建てに憧れを持っている方も少なくないと思いますが、新築戸建てを購入するメリットやデメリットはどういったものなのでしょうか。

「マイホームは新築」と決めている方は参考にしてみてくださいね。

 

「新築」というステータスに満足感

やはり新築となると、誰も住んだことがないといった満足感や、自分で打ち合わせをして家作りに携わったという充足感を得ることができます。

家以外でも同じことが言えますが、やはり他人が使ったものよりも新品を使用したいと思うのは人間の心理として当然のことですね。

 

設備や素材が最新である可能性

新築住宅ということで、時代の流れや人々のニーズに合わせて使いやすい設備や、丈夫な素材が使われていることが多いです。

これは注文住宅に限らず、建売住宅でも受けられる、新築ならではの恩恵だと言えるでしょう。

 

税務上の優遇措置を受けられる

新築住宅を購入すると、実は税務上で様々な優遇措置を受けることが可能です。

主なものを挙げると、住宅ローンを組んだ時に利用できる住宅ローン控除や、不動産取得税、固定資産税、都市計画税の軽減措置などを受けることが可能です。

その他、消費税が引き上げられたことによって施行されたすまい給付金も受け取ることが可能なので、条件に当てはまっているものは全て申請できます。

 

中古住宅よりも高額

メリットがあれば当然デメリットもありますが、特に価格の面では中古住宅よりも高額になってしまうケースが少なくありません。

 

設備を自分で用意しなければならない

エアコン、照明など新築住宅に住む場合は必要な設備を一から用意しなくてはなりません。

もし工務店やハウスメーカーに依頼するなら別途費用がかかりますので、予算とよく相談してください。

 

中古戸建てのメリットとデメリット

新築住宅は高いとか、まだ建築されていないため入居した時のイメージが沸かないといった方も多く、中古住宅も近年人気が出てきています。

中古住宅にはどんなメリット、デメリットがあるのか見ていきましょう。

 

25割ほど新築住宅より安い

中古住宅の一番の魅力は何と言っても新築住宅よりも価格が安いことです。

比較すると新築住宅の25割ほどの金額で購入することができる場合もあり、非常にお得です。

 

設備が既に付いている可能性がある

新築住宅では必要な付帯設備を自分で用意しなくてはなりませんが、中古住宅は前の住人が置いて行った設備がそのままになっている場合もあります。

特にエアコンや照明などは新居に移る際に不要になることから置いていく人が多いので、初期費用が安く済みます。

 

安い価格で新築同様の家にできる

最近人気があるのが、中古住宅を新築住宅のようにリノベーションするという方法です。

特に汚れや使用感が目立つ水回りや壁、床など一部をリノベーションしたとしても、新築住宅を購入するよりもだいぶ安い価格で、新築同様の綺麗さを手に入れることが可能です。


何に重きを置くかで考えよう

住宅購入の際に何を重視するかは人それぞれだと思います。



八王子不動産クラシエステートの仲介は新築一戸建ては仲介手数料無料♪ゼロ円です!!
もちろん、新築一戸建てだけではなく、中古住宅もお取り扱いしております♪

 

  

新築一戸建て仲介手数料無料のクラシエステートへ
購入時にかかる諸費用が大幅に削減されます♪
売却相談から買取まで^_^
八王子市を中心に多摩エリアに臨機応変に対応致します!
些細な事でもお構いなく、お気軽にお問い合わせくださいませm(_ _)m
LINE公式アカウント
ページの先頭へ