50㎡のマンションの落とし穴?

2021年04月13日

50㎡のマンションの落とし穴?

住宅ローンを組んで購入すると、住宅ローン控除を10年又は13年間うけることができます。
しかし、マンションではひとつ注意したいところがあるんです!!

この控除が適用される基準は、登記簿に記載された専有面積が50㎡以上なのです!

じゃ、50㎡あれば、ぴったりでも良いんだね。。。


いえいえ、50㎡には注意が必要ですよ!

とくに、1LDKから2LDKのマンションを狙ってるあなたは!

説明しますと、登記簿に記載された専有面積を基に決まるからです!

マンションを見に行った時、パンフレットとか価格表をみますよね?

あれ、実は登記簿に書かれた面積より少し大きいのです!

専有面積には2種類の方法があって、1つは(壁芯面積)、 2つめは(内法面積)

なんとなーく字で想像がつきますかね??

壁芯は壁の中心線から中心線を測ったものです(文字だとわかりづらい)

内法は壁の内側を測ったものなんです!

パンフレットにのっているのは壁芯面積。。

登記簿は内法面積。。

という事は、極端な話しパンフレットに載っている面積が50㎡ぴったりだと、登記簿の面積はそれ以下になってしまうんです!!

いざ、購入して確定申告の申請にいっても住宅ローン控除の適用外になってしまいます!!

そんな事を無くすには、あらかじめ、契約までに登記簿面積を確認しておく必要がありますね!!

ちなみに、戸建住宅は登記簿も壁芯面積なんで大丈夫なんです!

住宅ローン控除なんて関係ないんだって人は気にしなくても良いんですが、受けるつもりでいた人があと5㎡でかけれ

ば適用出来た!なんて事 後で知ったら嫌ですもんね。。。

そうならないように、事前に知っていれば防げることができます!

55㎡あれば安心かな?。。。それでも登記簿面積をしっかり確認しましょう!!

住宅ローン控除はかならありがたい制度ですね、新築の場合は最大で400万+3年延長分!

中古住宅は最大200万の税金が戻ってくるんです!
 

また、住宅ローン控除についての説明は別記事(クラシエステート)ブログで書きますのでお楽しみにして下さいませ!

でわ、今日はこの辺で。。。。 
新築一戸建て仲介手数料無料のクラシエステートへ
諸費用の3%を占める仲介手数料が0円♪
売却相談から買取まで^_^
八王子市を中心に多摩エリアに対応致します!
些細な事でもお構いなくお気軽にお問い合わせくださいませm(_ _)m
LINE公式アカウント
ページの先頭へ